履歴書・職務経歴書の書き方

日付

書いた日ではなく提出する日付(面接日)。郵送の場合はポストへの投函日。

氏名・ふりがな

「氏名」は大きく丁寧に、気持ちを込めて。
「ふりがな」はひらがなで。お使いの用紙に「フリガナ」と書かれていれば、カタカナで記入。

証明写真

3ヶ月以内に撮影した証明写真。プリクラやスナップ写真の切り抜きはNGです。
服装はスーツでなくてもよいですが、ジャケットを必ず着用。表情は明るくほんの少しほほえむようにすると好印象に繋がります。
サイズはタテ3cm×ヨコ2.4cmまたはタテ4cm×横3cmが一般的。スピード写真でも良いですが、少し奮発して写真館で撮影してもらうと、印象はグンと上がります。

現住所

都道府県名からアパート・マンション名・号室まで、省略せずに記入。

TEL・携帯電話・FAX・E-mail

「TEL」には自宅の一般固定電話を明記し、携帯の番号は「携帯電話」欄に記載。「恐れ入りますが、○時~○時(家にいない時間)の連絡は携帯電話にお願いします」といった一言が余白に添えられていると親切です。
FAXは持っていなければ書く必要ありません。
Emailは、PCのメールアドレスを。「-」と「_」、「o」と「0」、「a」と「q」などをしっかり書き分けて。
PCがない場合は空欄で。携帯のメールアドレスを書く必要はありません。

経歴

学歴として中学卒業以降の入学卒業を、職歴として現在までの入職・退職を記入します。
看護師になる前に一般企業で働いていた人は、そのときの経歴も忘れずに。なお、「高等学校」を「高校」と略したり、企業経験がある人は「株式会社」を「(株)」と省略せず、正式名称で書きましょう。
年数の計算が合わない、事実と違うなど、矛盾点は面接や身辺調査ですべて発覚してしまいます。正直かつ精確に、嘘は厳禁です。

免許・資格

上から順に、取得した時期の古いものから、略称ではなく正式名称で書き入れます。少しでも仕事に活かせそうなものは記入して、できるだけ多く出すとよいでしょう。
但し、あまりにも仕事と関係性が薄いものや、英検3級や珠算4級のような、あまり級位の高くないものは却って書かない方がブナン。NG。
「免許・資格に関する特記事項」にはその資格がどう業務に役立つか、またはどうして取得したかなどを書き、アピールを。

私の長所と短所

できるだけ、応募先にふさわしいキャラクターを意識して書くと効果的。思いつかない人は、長所に「誰とでも物怖じせず話せる」といった看護に欠かせないコミュニケーション力に関する内容を書けないか、検討してみるとよいでしょう。

逆に短所はコミュニケーションとは関係のない、当たり障りない内容に。このとき「短所は○○ですが、現在克服しようと努力しています」「短所は細かいことを気にしすぎることですが、業務の上ではそれがミスをなくすことに役立っています」というように、マイナス印象で終わらない表現にするとよいでしょう。

趣味

最低限、1つは趣味を書いておき、面接で聞かれたら詳しく答えられるように。

志望動機

あなたの経歴や長所・短所などに目を通してきた面接官は、「どうしてこの人は当院に応募してきたのだろう?」と思うもの。
たくさんある病院からそこに応募しようと思った動機について、その病院施設の特徴に触れながら、うまく自分自身の目標・これから経験したい内容や、キャリアと結びつけられる内容を心がけましょう。間違っても空欄や、「貴院に将来性を感じたため」といった内容を書くことのないように。前職の退職理由に触れるときは、愚痴っぽくならないよう、前向きな言い回しに変えるよう心がけましょう。

志望動機欄は、書類選考上、最も合否を分ける部分といっても過言ではありません。
自分の経歴やキャリアをしっかり分析することはもちろん、事前に病院のホームページなどを見て下調べをし、どこに魅力を感じているか、病院の特徴をしっかり捉えて書けるようにしておきましょう。

その他特記事項

絶対にゆずれない入職日や、どうしても夜勤ができないなど、何かやむを得ない事情がある場合には、「その他特記事項」に書きますが、特にない人は、「特になし」と書いておけばOKです。

職務経歴書は何のためにあるの?
職務経歴書は履歴書には書ききれない具体的なキャリアやスキル、そしてやる気をアピールする為のプレゼンテーションの資料となります。

Q.手書きとパソコン、どちらで作るべき?
A.職務経歴書はパソコンで作成するのが主流です。情報量の多い職務経歴書を、手書きで見やすく作成するのは難易度が高いもの。担当者にしっかり見てもらうためにも、パソコンでの作成をおすすめします。 職務経歴書を記入する前にまずはご自身の経歴を整理してみましょう。

職務経歴書を書く上で最も重要なことはご自身の経歴を整理しておくことです。
特に転職回数の多い方、子育てなどで仕事をすることから離れていた期間が長い方などは記憶が曖昧になっていることも。しっかりと経歴を整理することで面接時に経歴についての質問にもしっかりと受け答えが出来るはずです。

職務概要
概要は経歴を大まかに簡潔に記入しましょう。
職務経歴の重要な点を要約して記入していきます。
職務経歴
いつ、どこで、どのような経験を積んできたのかわかりやすく明記します。
今までに勤務してきた職場の規模(病床数・職員数)や、診療科目、配属先を細かく記入しましょう。
また、配属先で主にどんな業務をしていたかなどのアピールもしっかりと記入しましょう。また、退職理由の記入も必要です。

※注意点※
退職理由で不満点を述べるのはタブーです。また、冗長になるとかえって言いたい事が伝わりにくくなってしまいますので、要注意。『○○するよう努力してきた』という表現は×。あくまでも具体的に何をやってきたかを記入し、できればその成果や数字などもわかり易く記入しましょう。

取得資格
取得資格は勿論、パソコンスキルなども忘れずにPRしましょう。
最近はパソコンを導入している医療機関も多い為、パソコンスキルも選考では有利になることもあります。
又、トラベルクリニックや、外国人の方が多く来院されるクリニックなどでは語学力のスキルを選考の対象にしていることも。
PRできるスキル、資格は記入漏れのないよう、しっかりとアピールしましょう。

自己PR
未経験の業種に転職をする際には、いかに資質があるかをアピールすることが とても重要になってきます。バイタリティや、コミュニケーション能力、仕事に対する 責任感などを表現するとともに、なぜ異業種への就職を目指すのかを採用担当者が 納得できる内容で示すことが重要です。